プロフェッショナルシリーズについて機能紹介価格サポートQ&A診断テスト&体験版プレゼントデモブース

プロフェッショナルシリーズ TOP > 事例紹介 > 株式会社ロンビック

在庫スイート3 PRO 導入事例

フォーク車載タブレット&ハンディターミナルで
ペーパーレスピッキングを実現し
確実な入出庫を実現

株式会社ロンビック 様

樹脂原料は軽くてかさばるものが多く、運搬・保管もパレット単位で行われることが殆どです。その為、同じ原料をまとめて保管することは難しく、パレット単位で保管場所を把握することがスムーズな出庫には不可欠です。
また、添加剤など期限管理の厳しい物もあり、先入れ先出しを含めた的確な管理・運用が求められます。

今回はフォークリフトに搭載したWindowsタブレットや無線ハンディターミナルを活用することで、そうした要望をクリアしながら、正確かつスムーズな入出庫を実現した事例を紹介します。

導入の背景

ラックを使ったフリーロケーション運用を、スムーズに実現したい

三菱化学グループのロンビック様は、コンパウンド樹脂の製造等を手掛けられております。
コンパウンド事業設備として、三重県四日市市と茨城県・岡山県・埼玉県・愛知県に5つの工場がございます。
委託会社から原料を購入後、加工されて委託会社へ納められており、原料の在庫管理は原価率に直結する経営課題として継続的に強化を進められています。

樹脂原料は荷姿が大きく、原料を定まったラック(ロケーション)に保管することは出来ません。空いていれば何処に入庫してもよい「フリーロケーション」運用となるため、どのラックに何が保管されているかを把握する必要があります。
当初はホワイトボードを使い管理されていたのですが、入出庫の際にフォークリフトから降りてホワイトボードを変更する必要がありました。
そこで更なる在庫管理の効率化を目指し、倉庫管理システムの導入を検討されたのです。

検討の経緯

複数拠点管理の強みを評価

システムインテグレートは三菱化学グループの株式会社菱化システム様が担当される事となり、両社によるシステム選定が進められました。
当初は工場別での導入も検討されていましたが、統合メリットが大きいと判断され、四日市工場と鹿島工場を一元管理されることになりました。
その結果、複数拠点管理での導入実績や、提案内容、コストパフォーマンスなどを総合的に評価頂き、「在庫スイート3PRO」を選定頂きました。

システム概要

フォーク運用のフリーロケーション在庫管理を
Windowsタブレットと無線HTでペーパーレスに実現

本システムは、フォークリフトを使いながら、スムーズに入出庫登録が出来るよう、タブレットの見やすさと、ハンディターミナルやプリンタの携帯性を活かしたシステムとなっています。

入荷は、タブレットに表示された入荷予定を、品名などで絞り込み、該当原料をタッチで選択。
選択した内容は、無線HT(ハンディターミナル)に反映されます。
無線HTでは、実物を確認しながら各パレットのロットや重量を入力する事で入荷登録&原料ラベル発行とし、パレットにラベルを貼付します。

入庫(棚入)は、無線HTで原料ラベルと棚番ラベルを読み取るだけ。
無線HTは3mの距離を読み取る、イーソル(株)製のロングレンジタイプ無線バーコードHTを採用。
フォークリフトから降りることなく入力が進みます。

出庫ですが、指示は製造部門からの手書きの出庫依頼書が来るだけで指示データはありません。そこで本システムでは、作業前に出庫すべきパレットをタブレットで選択しておくことにしました。

タブレットの在庫一覧から該当原料をタッチすると、入庫順に棚番と重量が表示されるので、上から順にタッチで選択すれば先入れ先出しとなります。その画面を見ながらモノを取り行けるため、ピッキングリストを発行しない「ペーパーレス」な運用となります。

また、取り出す際には原料ラベルを無線HTで読み取るのですが、予め選択したパレットでなければエラーとなり、出庫ミスを防ぎます。

なお、本システムのサーバは、菱化システム様が持つデータセンター内で稼働する仮想化サーバーを月額利用しています。大きな初期投資を回避できると共に、将来の拠点増加やシステム拡張にも柔軟に対応できます。

導入効果

入出庫作業員の作業効率向上
ヒューマンエラーによる誤出庫や在庫ロスのリスクも低減

本システムの導入により、入出庫が確実に実施され作業も効率化されました。特に、原料の中には似通った外見の原料があり、ベテランでないと取り間違える心配がありましたが、タブレットで指定した原料しか出庫出来ないため、そうした心配も減ったとのことです。

また、原料の中には、大量に使用するものもあれば、少量しか使わないものもあります。少量しか使わない原料は単価が高いものが多く、使い切らない為に使用期限の管理も煩雑でした。
しかし、本システムの導入により、期限が近い在庫はパレット単位で色を変えて画面に表示されるため、管理工数と在庫ロスのリスクが減少したとのことでした。

導入企業プロフィール

株式会社ロンビック
http://www.rhombic.co.jp/
従業員数:597名
本社住所:三重県四日市市塩浜町1番地の69
資本金 30,000万円
株主 三菱化学(株) 86.7%、日本ポリケム(株) 13.3%
事業内容:コンパウンド樹脂の製造/シートの製造/環境ビジネス/樹脂販売/樹脂包装関連事業/各種サービス事業(ゴルフ練習場、緑化、ハウジング他)/各種加工事業ほか。

鹿島工場 CP製造部 生産管理グループ
吉田 稔浩 課長
「入荷単位からパレット単位の管理に意識が変わり、精度が上がったことを感じます。履歴データを集計することで入出庫作業が数値化できる様になりました。今後は効率的な人員計画にも活かせそうです。」


※記載内容は取材当時の情報であり、製品名やサービス名、社名や肩書きについては、現在と異なる場合があります。ご了承ください。

このページの先頭へ